ブルーベリーは医薬品なの!?

目に良いブルーベリーは、医薬品扱いなのでしょうか。

目に明らかに効果があると分かっても、日本に法律では食品を加工して作ったものは医薬品となることはできず、あくまでも食品として分類されてしまうのです。

製薬会社が薬として販売することはできませんが、明らかに効果のある食品としてブルーベリーは製薬会社からも注目を浴びてきました。

 

ヨーロッパや韓国などでは、ブルーベリーは医薬品として認定され、販売されています。特に研究の歴史も古いフランスとイタリアでは、ブルーベリーを原料にした医薬品が多数販売されています。

 

フランスとイタリアで販売されているブルーベリーを用いた医薬品を紹介しましょう。

 

テジェンヌ

医療用の医薬品として販売されています。カプセルタイプ、顆粒タイプ、難航タイプがあり、経口薬のものは胃潰瘍や十二指腸潰瘍の緩和と毛細血管の強化に用いられ、外用薬は止血または皮膚の強化に効果があります。

メモヴィスス

こちらも医療用の医薬品として販売されています。眼精疲労を伴う、身体的または精神的疲労に効果を発揮します。

プレミアム

医薬品として、毛細血管の強化に用いられています。

アントシン

こちらも医療用の医薬品として販売されています。強程度の近視や夜盲症に効果を発揮します。

フォトレティン

医薬品として販売され、夜盲症や網膜脈管障害に効果を発揮します。

強力ディフラレル

医療用の医薬品として販売されています。網膜症や、近視、夜盲症に効果を発揮します。これらの医薬品は、イタリアやフランスの本国だけでなく、オランダやスウェーデン、ブラジルやスイス、韓国などにも輸出されています。

 

成分にこだわった実感できるブルーベリー

9671