加齢黄斑変性に対するブルーベリー

 
網膜の血流低下が病気の源

 

目の病気を考えるうえにおいて、網膜の血流と視神経というのは重要なポイントになります。

 

加齢黄斑変性による新聞の見え方

目の血流は目の緊張や眼筋にも影響があり、加齢黄斑変性以外にも緑内障や白内障にまで原因の1つとして網膜の血流の低下などが考えられます。

 

つまり網膜血流の不良は目のいろいろな病気につながります。

 

ブルーベリーに含まれているアントシアニンは、こうした網膜の血流改善に非常に有効な成分です。

 

実際にクリニックで加齢黄斑変性の患者30人にビルベリーエキスを飲ませたところ、全員の症状が改善したという報告もあります。

 

加齢黄斑変性は重大な病気なので、まずは医療機関を受診することをおすすめいたします。

 

そして薬やレーザーによる治療が行われますが、お医者さんや薬剤師さんに相談し特に問題されなければブルーベリーやビルベリーを飲むことは良いことでしょう。

 

 
 
黄斑部の変性とブルーベリーの働き

 

それではなぜカメラのコードの部分である「黄斑部」に変性が起こるのでしょうか?

  1. 何かの原因で網膜に炎症がおきます。
  2. 網膜の炎症を抑えようとして、網膜の部分に血管が伸びてきます。
  3. 炎症が治った後も、伸びた血管が残ってしまいます。
  4. この伸びた血管により、血管が盛り上がったり出血を起こしたりします。
  5. 出血などにより網膜が変性してきます。

 

ブルーベリーがこの加齢性黄斑変性に良いとされる4つの大きな働きがあります。

  1. 網膜の血流が改善されます。
  2. 網膜の黄斑部にある変性脂質が抑制されます。
  3. 網膜、黄斑部に酸素や栄養素が十分に行き渡ります。
  4. 黄斑部の改善につながります。

 

 
 
視神経が集まる黄斑部の異常とは?

 

欧米諸国では成人の失明原因の第一位にもなっている深刻な視力低下を起こす病気が黄斑変性。

 

読んで字のごとく、目の「黄斑部」という場所が変性してします病気です。
特に加齢によって起こりやすいことから加齢黄斑変性と呼ばれます。

視神経が集まる黄斑部

 

目をパソコン連動カメラ、脳をパソコンのモニターと例えると、目の奥にある網膜はフィルム又はスクリーンです。

 

この網膜の中心部は「黄斑部」と言われ、見たものの映像信号を脳に伝える視神経がぎっしり詰まっています。

 

つまり「黄斑部」は、カメラからパソコンへ画像信号を送るためのコード束の接続部分と言えます。

 

「黄斑変性」は、まさにこの情報伝達コードとの接合面において、コードの接合部が傷み変性してしまったため、うまく情報が伝わりにくくなっている状態と言えます。

 

すると情報がうまく伝わらない部分が視野の欠損として表れたり、物が見えにくくなったりします。

 

 
 
加齢黄斑変性における生活上の注意

 

  • 紫外線を必要以上に浴びない。
  • できればタバコは吸わない。
  • 食事はバランス良く摂る。
  • 特に野菜はきちんと摂るようする。

 

加齢黄斑変性になる原因をなくしていくためにはサプリに頼りすぎるのではなく、普段の生活習慣を改めることでも目の病気になる確率を下げることは十分に可能です。

 

 

成分にこだわった実感できるブルーベリー

9671