成分にこだわった実感できるブルーベリー

9671

ブルーベリーの素晴らしい血流改善効果

 

ブルーベリーの中のアントニシアンには、毛細血管を強くしなやかに保ってくれる作用があります。もちろん目にも毛細血管が張り巡らされているので、目の健康にも良いことがわかります。

 

ブルーベリー摂取後15分で血中濃度が上昇し、2時間後には血液から各組織へ浸透します。これによって、血管の内皮細胞機能が改善されます。

 

アントニシアンは血管だけに作用するのではなく、血液そのものにも良い効果があります。血液をサラサラにし、毛細血管や細胞の隅々まで行き渡りやすくしてくれます。

 

毛細血管がもろくなる弊害

 

脳梗塞・脳卒中
冷え性
皮膚のかさつき
怪我の治りが悪い・出血しやすい

 

アメリカやヨーロッパでは「医薬品」

 

尿路感染症とは子供に多い感染症ですが、ブルーベリーに含まれる「エラグ酸」に予防効果があるとされています。(肺炎などに次いで多い感染症)

 

スウェーデンでは、ブルーベリーは下痢の治療に有効だとされ使用されています。胃潰瘍などの潰瘍が形成されるのを抑制するだけでなく、潰瘍の治癒を促進する働きもあります。他には、関節炎を抑制する効果があることも知られています。