成分にこだわった実感できるブルーベリー

9671

「目」は過酷な状況に置かれているという事実

 

私たちは生活する全ての情報の約7割は「視覚」によって得ています。最近では、情報化社会が進み、パソコンやスマートフォン、携帯、ゲームなどと、一昔前とは比べ物にならないほどの情報洪水の中で暮らしていてます。

 

それに比例して「目」が処理しなければならない情報も膨大になってきています。

 

私たちの目は、過酷な状況に置かれていて、その疲れは「目」だけでなく、身体の様々なところに影響を及ぼします。

 

余談ですが、視力は子供の成績に影響すると考えられるという研究結果もあります。

 

 

目のケアはなぜか先延ばしにしやすい

 

私たちは身体が疲れたりすると何かしらのケアをするものです。例えば、早く寝る、ユンケルを飲む、マッサージに行く、お風呂に行くなどと対策をします。

 

しかし、「目」が疲れたり、普段の生活で「目」のために良いことや、何らかのケアをする人は少ないです。

 

恐らく、早く寝る、目薬をさすくらいではないでしょうか?

 

 

現代人の目は病んでいる

 

目の不調や疲れには休養が1番ですが、特に仕事などでパソコンを使っている人などは、もう休むだけでは追いつかにほど現代人の目は病んでいると言われています。
何か対策をしなければ目の疲労を止めることは難しいでしょう。

 

十分に目を休ませることができない人でもできる「アイケア」として「目の働きを助ける栄養素を摂る」ことがあげられます。

 

ヨーロッパではブルーベリーは薬として公認されている

 

現代人の目は病んでいる

ブルーベリーが目に良いとは、聞いたことくらいはあると思いますが「目に良いといっても効果は気休め程度」と思う方も多いと思います。

 

もちろんブルーベリーは薬ではありませんが、ヨーロッパでは薬として公認されているほど威力は強力です。

 

色々な研究結果により、ブルーベリーほど目の健康を強力にバックアップしてくれるものはないということがわかっています。